HOME健康になりたい>老化の原因物質 AGEsを漢方で除去!!

老化の原因物質 AGEsを漢方で除去!!

2017年7月15日 13:56老化対策の話

AGEs(Advanced Glycation EndProducts)」という言葉、あまり聞き慣れないと思いますが、これは近年、世界中で注目されている「老化の原因物質」です。

AGEsというのはタンパク質と糖に熱が加わるとできる物質なんですが、例えば大量のブドウ糖を摂取した時に、体の細胞や組織を作っているタンパク質とこの糖分が結びつき、体温で温められることで「糖化」という現象が起こってAGEsという物質が作られてしまいます。作られている最中に血液中の糖分濃度が下がればAGEsはもとのタンパク質に戻ることができますが、常に甘いもの、すなわち糖分を摂取しているとどんどん体に老化の原因物質が作られていくことになります。特に焼き物や揚げ物など、焼き目の付いた食品や糖類の多い食べ物、牛乳などのタンパク質などの過剰摂取は問題になります。

食生活の見直しよる血糖値の管理なども大切ですが、

①よく噛んでゆっくり食べる
②甘いものは食後に回す
③食後に体を軽く動かす
④ストレスを溜めない
⑤野菜→肉・野菜→ご飯やパンの順に食べる

など、
食べ方にもAGEsを作りにくくさせるポイントがあります。

翻って漢方の見地からこのAGEsを見てみると、体内に不要なものが滞る、というのは漢方の言葉で「瘀血(おけつ)」や「痰濁(たんだく)」という言葉を使いますが、こうした病態が生まれると体の正常な解毒や排泄が滞り、老化を進めてしまうという考えがAGEsによる弊害と非常に合致します。血の滞りである「瘀血」は冠元顆粒(かんげんかりゅう)に代表される「駆瘀血剤(くおけつざい)」で、体内の不要な水分や油分の停滞で起こる「痰濁」は温胆湯(うんたんとう)などの痰湿をさばく漢方などで改善させることが可能です。

こうした漢方薬も老化の原因となる体質や物質の除去や減少に大きな力を持つことは数千年も前から定義されてきたことを考えるとやはり先人達の知識の深さには感動します。適正な漢方薬と正しい食養生や生活習慣で体の中から老化の元を追い出しましょう!!

うーーん・・砂糖いっぱいの生クリームたっぷりの洋菓子とかAGEsまみれってことになりますねえ。美味しいんですけどね・・・

category

goaisatu 「家計の時間」連載
「痛み」のお話「赤ちゃんの部屋」連載
「食の安全」のおはなしいきいき血液の話
お勧め薬のお話これだけはつたえたいお話
めまいのお話アスリート・運動好きの人の漢方のお話
イベント告知!カゼ、インフルエンザのお話
ステロイドの話ストレスのお話
タクヤ先生の漢方講座リウマチの話
リクルート中医漢方radioバックナンバー
中医漢方videoバックナンバー乾燥のお話
五月病のお話他業種とのコラボ企画
健康サービスのお話元気で長生きのお話
免疫のお話児童虐待に悩む親御さんへの話
冬の病気のお話冷えのお話
募集中セミナー取材・メディア露出など
口内炎のお話口臭のお話
呼吸器のお話夏の病気のお話
子宮筋腫のお話小児・乳幼児のお話
循環器のお話心臓疾患のお話
星薬科大学での漢方実習春の病気のお話
梅雨の不調のお話水虫のお話
汗のお話漢方講座開催&参加募集
生理のお話生理トラブルの話
男性のお話男性更年期のお話
疲れの話痛風のお話
癌のお話皮膚のお話
目のお話睡眠のお話
秋の病気のお話糖尿病のお話
経営・漢方販促セミナー老化対策の話
耳のお話肥満、ダイエットのお話
胃腸のお話脳血管障害、脳梗塞のお話
腎・膀胱系のお話腸や便秘の話
自律神経、うつのお話自然治癒力向上のお話
花粉、アレルギーのお話血圧のお話
行って来た講義内容など認知症のお話
頭の良くなる漢方薬の話頭痛のお話
顎関節症のお話顔色と病気のお話
飲酒のお話骨のお話
髪のお話30日で体を生まれ変わらせる