HOME健康になりたい>自然治癒力こそが最高の治療

自然治癒力こそが最高の治療

2010年1月25日 11:32自然治癒力向上のお話

今から1500年前のお話ですが、医学の父とされるヒポクラテスは「病を治すのは自然である。自然は不調和を回復させようとする力を人体に与えており、これを自然治癒力という。これを助けるのが医術であり、治療の根本方法である」と説いたとされています。

これは現代に至っても全く変わることのない医術の真髄であると思います。

ですが現代医学と言うものをみてみるとどうでしょうか?抗生剤やステロイド薬、抗アレルギー薬などで症状を抑えるものが治療法として中心になっているような気がします。また、患者さんもそれを飲んでいれば病気が治ると考え、飲み続けられているという現状。

当店にご相談に来られる方の中にもステロイドの長期服用により症状が悪化した、あるいはやめることができずにいる、とお嘆きの方は決して少なくありません。

確かにステロイドなどのお薬は必要性はありますし、急性の症状や重度の症状には活躍するお薬であることは間違いありません。ただ、その使用量や使用期間が漫然と増えたり、長期化している現状は否めません。病気から身を守り、健康な状態を維持しようとする体本来の仕組みのことを「生態防御反応」と言いますが、こういった薬の乱用はこの生態防御反応を狂わせる可能性があります。


私はこのヒポクラテスの提唱する「自然治癒力」に着目して「自分の力で病気を治す力をつける」やりかたに主眼を置き、指導させていただいております。病気と言うものは本来「治るのが当たり前」のものであるという事を第一に考え、私なりのやり方で自然薬や漢方薬を生活に取り入れていくやり方を考えております。

一般的に体の調子を整えるものとして皆さんの頭に浮かぶのは「免疫力」という言葉かもしれませんが、人体にはこの他にも様々な防御機構が備わっています。例えば皮膚や粘膜、腸内細菌なども外部からの刺激(ウイルスや花粉など)の侵入をブロックする重要なバリアの役割を担っています。このように、命を守るシステムを包括的に考えて、その能力を向上させていくことが広い意味での回復、治療へとつながっていくと私は考えております。

いつまでたっても慢性疾患に改善の兆しが見られない、増え続ける多くの薬をこれ以上飲みたくない、延々と飲み続けている現在の薬に疑問や不安があるという方は非常に多いと思います。

失うことは簡単でも取り戻すのは難しいのが自然治癒力。ですが生物が健康に暮らしていくために必要不可欠なものでもあります。お悩みの方、気になられておられる方、どうぞご相談くださいませ。

category

goaisatu 「家計の時間」連載
「痛み」のお話「食の安全」のおはなし
いきいき血液の話お勧め薬のお話
これだけはつたえたいお話めまいのお話
アスリート・運動好きの人の漢方のお話イベント告知!
カゼ、インフルエンザのお話ステロイドの話
ストレスのお話タクヤ先生の漢方講座
リウマチの話リクルート
中医漢方radioバックナンバー乾燥のお話
五月病のお話他業種とのコラボ企画
健康サービスのお話元気で長生きのお話
免疫のお話児童虐待に悩む親御さんへの話
冬の病気のお話冷えのお話
口内炎のお話口臭のお話
呼吸器のお話夏の病気のお話
小児・乳幼児のお話循環器のお話
心臓疾患のお話星薬科大学での漢方実習
春の病気のお話梅雨の不調のお話
水虫のお話汗のお話
漢方講座開催&参加募集生理のお話
生理トラブルの話男性のお話
男性更年期のお話疲れの話
痛風のお話癌のお話
皮膚のお話目のお話
睡眠のお話秋の病気のお話
糖尿病のお話経営・漢方販促セミナー
耳のお話肥満、ダイエットのお話
胃腸のお話脳血管障害、脳梗塞のお話
腎・膀胱系のお話腸や便秘の話
自律神経、うつのお話自然治癒力向上のお話
花粉、アレルギーのお話血圧のお話
行って来た講義内容など認知症のお話
頭の良くなる漢方薬の話頭痛のお話
顎関節症のお話顔色と病気のお話
飲酒のお話骨のお話
髪のお話30日で体を生まれ変わらせる